歯ブラシ情報館トップ >>

歯ブラシ情報館へようこそ!

歯ブラシ情報館へアクセスしていただき、ありがとうございます。

歯ブラシ情報館

歯ブラシの購入方法で最もポピュラーなのは、この2点です。つまり、ドラッグストア、薬局、デパートなどの歯ブラシコーナーで選ぶ歯ブラシ。

歯ブラシ部の長さ13mmです。子どもの歯3本分です。毛の深さ7mmでした。長く使っていると繊維が曲がってくるのです。

ちなみに、お値段はどちらも300円前後です。ドラッグストアでは割引されて289円くらいになると思います。定価は380円くらいですが、お店によります。

非常に効果的な利用法なのです歯ブラシの最も重要な役割は、歯茎の組織に刺激を与えることです。

アメリカ歯科医師会によると、1498年に中国の皇帝が豚毛を骨の柄に植えつけたものを歯磨きの歴史のはじめ利なのです。

歯ブラシの上手な使い方を紹介します。歯ブラシのしまい方ですが、ブラシの部を上に向け、水分を乾かすため風通しの良い場所におくのです。

使用する歯ブラシは、ブラシ部分の大きさが前歯2本分ぐらいの幅のものがよいのです。

よく水洗いして、乾燥した場所で保管を。使用後の歯ブラシには歯垢などの細菌や食べかすなどの有機物が付着しています。

すべての歯をきれいにするにはそれなりの時間が必要なのです。歯と歯の間の歯垢は、歯ブラシでは完全に取り除くことは出来ないのです。

歯肉をマッサージすることにより血行を良くし、ばい菌に対する抵抗を強め歯周病を予防することです。

歯ブラシ情報館記事一覧

歯ブラシ情報館

ハブラシ情報

当サイトについて

歯ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。